飲食店のコンサルティングに理系の視点で切り込むのは実は効率的且つ、効果的でもあるという気がします。
特にこれまでの飲食店はどちらかのというと、文系的な感じで理系的な感覚が欠如しているという事があったと考えられるので、これに理系的な考えが加われば、より良く運営をしていく事も出来る用になるという気がするのです。
飲食店だから数字は見ない、ロジカルに考えても意味ないというのは既に昔の古い考え方となっているのかもしれません。

ロジカルに考えるのは理系の得意技

ロジカルに考えるのは理系の得意技で、明確に数字という形でロジカルに物事を客観的に見る事を第一とする事には大きな意味があると考え得られます。
最近はこの傾向が顕著になって来ていると言っても良いかもしれません。
飲食店でもPOSシステムを導入するなどすれば、様々な事をデータとして取得することが出来る用になるので、これを分析して客観的に評価するという事が出来るようになります。
そうなれば、単にサービスの質の向上という事だけではなく、従業員の勤務実態の把握から全ての質の向上というモノが図る事が出来るようになると考えられます。
個人が目標を立てて、それを実践するという事も出来るわけで、個人のモチベーションアップにも使う事が出来るという事になるはずです。
全ての事柄がロジカルに分かってくる事になるので、自分のしている事がどういう意味を持つ事になるのかも明確になり、仕事に対して遣り甲斐を感じる事も出来る用になるでしょう。

飲食店にもロジカルシンキングは必要

飲食店にもロジカルシンキングは必要というよりは、飲食店だからこそ必要という事が言えるのかもしれません。
特にこれまでロジカルシンキングが欠如しているところだったからこそ、その効果は大きなものとなると考えられます。
自分で考えて行動をするという事も出来る用になるはずで、この効果は確実にあると言えます。
人は目に見える成果があると、それをモチベーションとして自分の価値を判断することが出来るようになります。
そうなれば、さらに上のレベルを目指すという事も出来るようになるわけで、この事には大きな意義があると言えます。
これまで全くといっていいぐらいに、ロジカルシンキングのない分野だっただけに、全てが曖昧なままに放置をされ続けてきたという事があって、ここにロジカルシンキングのような考え方が加わる事で、より責任を感じて仕事をするという事も出来るようになります。
当然質も上がる事になるでしょうから、その効果はかなりのものとなると考えられます。