日本には多くの研究所があり、優秀なスタッフが日夜働いています。
分野によって様々な研究が行われ、大規模な研究所だと予算も大きいです。
潤沢な予算がある会社であれば問題ないですが、小規模の会社の場合は予算が少ない会社も多く頭を抱えている担当者もいます。
粘度計は価格が高いので、粘度計を使う会社では安く購入できるように努力します。
同業者からの情報収集を行いつつ、インターネットを活用した情報収集も欠かさない担当者が多いです。

粘度計を安く仕入れたい!

粘度計というのは液体や半固体の粘度を測ることができる器具です。
歴史は非常に古く、現在では選択肢の幅が広がっています。
粘度というのは液体の粘りを示すもので、粘性率や粘性係数と呼ばれることもあります。
日本では多くの工業製品が製造されていますが、工業製品の材料となる物質を測定するときに粘度も測定されます。
流動性が高い状態で使われることもありますが、コーティング剤として使われることもあり基準はそれぞれ異なっています。
状況に応じて測定するので、使用する粘度計の性能も異なります。
研究には高品質の機器が必要になりますが、高品質で高性能の機器は価格も高いです。
インターネット上で国内外の製品価格を調べることができますが、基準となる製品価格からどれだけ安く必要な機器を購入できるかが重要になります。
粘度計を安く仕入れたい担当者は、同業者や業界関係者のコネクションをフル活用しています。
分野にもよりますが、長年のコネクションのおかげで必要な機器を割安で購入することができている会社は多いです。

同業者のツテをフル活用

業界内で強いパイプを持っている場合は、高い粘度計を安く仕入れることが可能です。
粘度計は計測器の中ではあまり知られていませんが、種類は多くそれぞれ特徴があります。
細管式は細い管の中に測定したい物質を通して物質が流れる時間と圧力の差から粘度を測る機器です。
歴史が最も古く、構造が単純なので価格は低めです。
落下式はガラス管の中にサンプルを入れ、球体を利用して粘度を測ります。
測定に失敗しても再度測定できます。粘度が高い物質から低い物質まで広範囲に測れます。
回転式は現在の標準的な粘度計です。
調べたい物質の中で部品が回転します。
回転の抵抗によって粘度を測ることができます。
簡単なものから難しいものまで測ることができるという大きなメリットがあります。
もっともシェアが高いのが回転式ですが、他の計測器に比べると価格は高めです。
インターネット情報を活用しつつ同業者とのコネクションをフルに活用することで、安く購入することは可能です。

おススメホームページ