一般の人にはあまり縁のない事かもしれませんが、会社などを経営していると取引の上で手形を発行されることがあるようです。
手形と言うのはあらかじめ期限を決めて銀行などでお金に変えることができるものですが期限前にお金が欲しい場合には手形割引と言う形で現金に変えることができることになっています。
しかしこの手形割引は様々な条件があるほか支払われる金額にも変化があるため注意しなければいけないものです。
またその他にも注意しなければいけない点があります。

手形を現金化する流れ

手形を現金化する際には基本的には手形の表面に記載された期日に銀行等の金融機関に持って行き、換えることができます。
これを手形交換といい、発行した会社に何も問題がなければ非常にスムーズに手形の表面に記載された金額が支払われることになっています。
しかし手形を持ち込まれた金融機関では手形の発行元がしっかりとした会社であるか、また不渡りなどを出していないかを調査するために時間がかかってしまうことも少なくありません。
万が一不渡りなどを出している場合には手形を金融機関に持っていっても現金に交換できない場合もあります。
また期日よりも早く現金が欲しい場合には手形割引と言う形で現金を受け取ることができますが、この場合には期日よりも早く現金を引き出す代わりに手数料が差し引かれるほか、期日に金融機関が手形の発行元の会社に現金を請求した場合に支払われない場合には、手形を持ち込んだ人物に手形割引で支払った金額を請求する流れになります。
そのため手形割引は期日に支払った現金が請求される恐れがある点に注意が必要です。

おススメホームページ
手形割引は豊和商事にお任せ下さい
業歴40年の老舗専門業者です

東京で現金化ができるのはどこか

東京で手形を現金化できるところは手形割引の取り扱いをしている金融機関に限られます。
主要な銀行や証券会社などでは取り扱いを行っているところが多いのですがその手数料が金融機関によってそれぞれ異なる場合があるので注意が必要です。
また金融機関によっては手形を持ち込んだ本人の身分証明や様々な個人情報を確認することが多いため、これらを証明できる書類が必要になることが多いので注意が必要です。
また手形割引については基本的には銀行等では取り扱いをしていないところも多いので、証券などの方が確実に現金化できる可能性が高くなっています。
そのため手形割引で早期に現金を手に入れたい場合にはまず証券会社にその手形を持ち込み確認するのが非常に良い方法です。
また地方では手形割引をしてくれる金融機関を探すのは非常に難しくなっています。
一般的に地方銀行等では手形割引は取り扱いをしていないところが多いので、地方であっても大手の都市銀行などに相談するか証券会社に相談をする方法が非常に便利です。