近年、学校でも不審者が侵入するなどの事件が起こっています。親からすれば、自分たちの子供が通っている学校に不審者が侵入するとなると、いてもたってもいられないでしょう。
当然学校側としても大切な生徒たちを預かる以上は、不審者の侵入は絶対に避けなければならないところです。
これを防ぐためには、様々な手段がありますが、鍵をしっかりかけることや、外部からの侵入をなくすように設計することだけでなく、防犯カメラの設置も重要になります。

物騒な世の中!子供の安全を守ります

子供を守るためには、防犯カメラが非常に有意義です。不審者が学校に入ろうとするときに何を1番嫌がるかと言えば、証拠が残ってしまうことです。ドアのロックが頑丈である事はそこまで問題ではありませんが、証拠が残ってしまえば後々御用になってしまうでしょう。
そこで私の学校側も、最新の防犯カメラのシステムを設置しています。
防犯カメラは、単に録画するだけではありません。不審者が現れたときには、すぐに駆けつけることができるように対応策を用意しています。そのため安心して子供を通わせることができます。
実際に、24時間監視していますので、昼間の時間帯だけでなく、夕方以降生徒の出入りが減った時間帯も安心です。
せっかくカメラを設置するのであれば、入り口だけでは不十分だと考えたことから、裏口にも設置してあります。壁も高いため、基本的に正面玄関と裏口からしか侵入する方法はなく、防犯対策としてはほぼ完璧と言えるでしょう。結果的に、カメラをつけてからは盗難などの問題すら起こっていません。

業界最大手のシステムなので安心です

防犯カメラシステムも様々な会社があります。小さな会社がありますが、私の学校では業界最大手のカメラを使うようにしています。業界最大手を使う理由は、カメラに対する経験が豊富だったからです。
そして、24時間の監視システムに加え、警備の業者が近くにあることから、不審者が侵入した場合すぐに駆けつけることができる点が大きなメリットです。業者の中には、ただカメラだけが設置してあり、不審者が入った場合も気がつかず、後日気がつくようなこともあります。ですが目視だけでなくセンサーでも監視している点はとても魅力的です。
また、現在の防犯システムになる前に依頼をしていたことも、業界最大手の業者を選んだ理由になります。防犯カメラシステムに加えて、例えば猫が入り込んだだけでも反応するほど敏感なシステムですので、不審者を見逃すことはまずないでしょう。
料金はそれなりにかかりますが、学校の評判を失うことや、生徒自身に危害を加えるような事件が起こらないほうが、よりメリットが大きいと考えています。


防犯カメラの通販はこちらのサイトから
防犯カメラ・監視カメラの専門店 秋葉原の「アルタクラッセ」